So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

学年末のしんどさ [事務所の日々]

 あっという間に2月も最終日。
春の訪れを感じる今日は、久しぶりにCocoとお当番。
お互いに手を動かしながら(時々止るけど)近況報告。
この時間がお当番の楽しみのひとつだ。
しばらくすると相談電話が鳴る。

 学年末を控えたこの時期は、親も子も心がざわめく。
進級や進学、思い通りに進むこともあるけれど、うまくいかないことも多い。
もう少しというところまで来ていても手が届かないことがある。
精一杯がんばっていてもそれが形にならないこともある。
そんなとき、理解のない人に「がんばりが足らない」と言われ、
追い詰められる子どもも多いし、そんな子どもの姿を見る親もつらい。

こんな時「今はできなくても大丈夫、いくらでも道はあるよ」
ということが伝われば子どもの気持ちも少しは楽になり、
自分の進む道をゆっくりと考えられるのではないだろうか。
この時期の複雑な気持ちを、次回の通信では経験者たちが書いてくれる。
不登校の子どもを支える多くの方に読んでいただいて、理解が深まればいいな。

 新しく発行した報告集の製本、ご協力いただいた方への発送、
次回の通信の準備など事務仕事をしながらCocoとのおしゃべりは続く。
「♪あんだんて♪のスタッフならこの気持ちがわかってもらえる」
安心して話せるから、気持ちもスッキリ。
だからこの活動はやめられない。         (さくら)




nice!(0) 

nice! 0