So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

時間軸が違う [事務所の日々]

 今年初めての活動日。事務所を開けてホッと一息つくと相談電話が鳴る。
受験シーズン、不登校の子どもたちも自分の進路を考え一歩踏み出そうとする時期。
「やっと動き出してくれた」と思いつつ、
親が思うように動かない子どもにじれることも多い。
入試にまつわるあれこれは期限付きのことが多く、
親としては少しでも早く準備すれば余裕もあって安心だと思うのに、
子どもは期限を忘れたかのごとくにのんびり。
こうなると「やっぱりダメか」と不安がよぎるが、
期限ギリギリになってきちんとやる子が多いのも事実。
どうも親と子の時間軸が違うようだ。
そんなお話をしていると、お電話くださった方もちょっと気が楽になられたようだ。

全く受験するそぶりも見せなかったのに、試験前日に「鉛筆ある?」と言いだし、
合格後は自分のペースでしっかりと歩み出すという子もいる。
子どものことを「信じる」というのはなかなか難しいが、
親としては神仏に祈ることしかできないのかな(笑)

 午後からはスタッフ会議。
通信のことやシンポジウムのことを決めていく。
『12周年記念シンポジウム報告集』もまもなく発行になるし、今年の活動も多彩だ。
必要とする方に必要な支援が届くように、この一年もよろしくお願いします。
                               (さくら)

nice!(0) 

nice! 0