So-net無料ブログ作成

おやこ関係 [事務所の日々]

 このところの寒波で、事務所も冷え切っている。寒い。
きょうは、スタッフの都合がつかず、こういうときに
いつもお手伝いをお願いしているOさんとお当番。
困ったときのOさん頼みで、快く引き受けてくださるので、
甘えてばかりだが、ほんとにありがたい。

 先週は、2回も京都新聞に♪あんだんて♪やフェルマータを
掲載してくださっているので、
シンポジウムのお申し込みの電話やメールも増え、嬉しい限りです。
皆様どうぞご予約くださいね。

 ゆうスペースには、予約がおひとり、カレンダーに名前があったのだが、
パソコンをあけたら、常連さんから、たった今、
「伺ってもいいですか?」とのメールが。
「どうぞ、お待ちしています!」とただちに返信する。
 
間もなく、そのメールの方と、予約の方と、「電話してたんですが…」、といって
直接来てくださった方と3人の方が、寒い中、お越しくださった。
その方は、相談電話専用の番号でかけてくださっていたので、
ゆうスペースやオンリーワンが始まろうとしている時間帯には、
留守電にしていることが多いため、
取ることができず申し訳なかったです。
すみませんが、お問合わせのほうは、
事務所の電話のほうにお願いします。
ゆうスペースについては、ご連絡いただけるとこちらも
ありがたいですが、その時間帯にやっておりますので、
どうぞお越しください。

 きょういらしたお三方も、私とOさんのところも、
全員、当事者は息子ということで、共通点も多い。
思春期を迎えた息子と父親との関係性は難しいことも多いけれど、
不登校であってもなくても、こういうややこしい時期もあるのでは。
人間という生きものが、子どもから大人になっていくのだもの。
簡単に、一人前になるはずもないと、今さらながら思う。

父と子の関係がよくない場合、間に入る母親は、はらはらして、
どうしたらいいのかと悩んでしまうけれど、
まずは、母と子のコミュニケーションを大切にするほうがよいのではないかな。
父と子は、そのうち、雪解けもあるかもしれないし、
子どもの成長スピードのほうが速いので、案外、父を追い越す日が
早かったりして…。
きょうは参加者の常連さんのお話が、ほかのお二人には
とても参考になったのではないかなと思う。
ちょっと先を行く先輩お母さんのお話は、
うちとは違っていたとしても、いろんな気づきになる。

 ゆうスペースの時間中、相談電話も何度も鳴っていたのですが、
受話器を取ることができず、すみません。
また、おかけくださいね。              (Nami)


nice!(0) 

nice! 0