So-net無料ブログ作成

トンネルから出られる時 [事務所の日々]

 ちょっと用事で朝遅れて事務所に着くと、
電話工事のために朝から来てくれてたフェルマータとお当番のさくら、Cocoが
旅行のお土産ばなしとお菓子でまったり。
最近思ってることや情報交換をしつつも、相談電話が鳴り止まない。

 昼からはゆうスペース2名。次の進路を考える時期。
自分のペースで過ごせている生活が続けばいいのに、進路選択の岐路はやってくる。
「どうしましょう」ではなく、
「どうするんでしょうね?」というお母さん達のことば。
すごいなぁ。
心配だったり気になったりはするけれど、
子どもと自分をちゃんと切り離して考えてるから出ることば。

みんなと同じように学校にいけない子どもを見て、
苦しくて悲しくて歯がゆくて…
そんな時期を乗り越えて、今、少し距離を置いて子どもに寄り添う。

不安定な子どもの対応、毎日の家事、お仕事、
それと(小さい声で)お父さんのお世話?などなど、
私たちスタッフを含めお母さんたち、本当に頑張っていますよね?。

もう、先の見えない暗いトンネルは出口に近づき、
少しずつ光りが入って来てませんか?
やっとここまで来ましたね。          (かむな)



nice!(0) 

nice! 0