So-net無料ブログ作成

子どもの力を信じて見守る [事務所の日々]

 今日は朝から相談電話がよく鳴る。
お当番三人体制だったのですべて電話を取ることができた。
やっぱり三人いると安心だな。

 ゆうスペースも、はじめて参加の方2名と常連の方も来てくださり4名。
珍しく大人数となったが、子どもさんの年齢が近い方が揃っていて、
共通の悩みも多く、共感し合えたのではないかと思う。

お母さん方から「このまま、ほっとくしかないのですよね」という言葉を
よくお聞きするが、ここ♪あんだんて♪に来てくださっているお母さんたちの中に、
ほったらかしにしている方は一人もいない。
みな、子どもの行き先を案じ心配しながらも、
何もしてやれない無力感を感じ、
どうか自分で乗り越える道を探し当ててほしい、と祈っている。

そっと見守ることと、見捨てることは全く違う。
「私の子だから、きっと大丈夫、この子なら乗り切れる」と
子どもの力と、その母親である自分自身を信じてあげてください。     (ラスカル)
                                          



nice!(0) 

nice! 0