So-net無料ブログ作成

NHKの番組「お便りラジオー不登校のわたしからあなたへ」に出演 [行ってきました(♪あんだんて♪レポート)]

 京都から新幹線に乗り、到着時間をディレクターさんに電話しようと
鞄をのぞいたら、携帯がない!焦りまくって探すがない!
とにかく早く知らせなくてはと、通りかかった車掌さんに聞いて、
車内販売でテレホンカードを購入し、NHKに連絡を済ませた。

 タクシーの運転手さんに行き先を告げたら、
何に出るのか聞かれ、不登校の番組で、と言うことから
運転手さんが定時制高校に行ったことや
仲間ができたから通い続けられたことなど話して下さった。
夜8時から放送すると言うと、じゃあ聴いてみますと言って下さった。

 2年前の「あさイチ」の時もそうだったが、
NHKのスタッフの方がみんな親切で優しくて、緊張がほぐれる。
控え室には、もうすでに落合恵子さんをはじめ、
ゲストの岡崎先生も来られていたので、恐縮した。
落合さんも岡崎先生も、控え室での話が楽しく興味をそそられた。
チーフディレクターの方も不登校に関心が深く、熱心に私の話も聴いて下さった。

 番組が始まり、加藤アナさんと落合さんのやりとりを聴いていると、
何とも温かい空気が流れて来て、緊張しながらも身体がほっと和む。
リスナーさんからのお便りが紹介され、それに対するコメントが求められるのだが、
どんどん打ちあわせにないお便りが紹介されるので、
耳をダンボにして聞きながら、頭の中は忙しかった。

落合さんの情感こもる語りに引き出されるように、古い記憶が呼び覚まされ、
心が揺さぶられた。
当事者の親の思いを話す私に対して、岡崎先生が支援者の温かい目線で
客観的に的を射たコメントをして下さるので有難かった。

番組のコンセプトが、答えを見つけて問題を解決するのではなく、
不登校の多様な見方、意見を聴きあう、というものだったので、
ある傾向に偏ったり、結論を出したりしないで、
多様な立場の人の話が聴けてよかったと思う。
いま渦中の子どもさんや親御さんが聴いて下さって、
ほっとしたり勇気がでたりしてくださるとうれしいし、出た甲斐があったと思える。
♪あんだんて♪に感想を寄せて下さった方もいる。
有難うございました。

(携帯は無事に戻りました。立ち寄ったところに忘れていたんです。
ちょっとボケが進んできてるのかな?(苦笑))    (フェルマータ)



nice!(0) 

nice! 0